青信号で止まる

愛されたかっただけ

一人暮らし

またはてブロから「記事書きませんか?」とメールが来ました。お久しぶりです。
お知らせ欄に「一人暮らし」について書きませんか?とあったので書いてみます。
一人暮らしをはじめて、そろそろ1年になります。よくありがちな「大学進学を機に一人暮らしを始めた」というやつです。
一人暮らしをしていて大した思い出もないのですが、単純に自由になったなーと思います。帰りが遅くなる時に連絡しなくていいしね。

…そういえばひとつありました。衝撃的な思い出。

一人暮らしをはじめて2ヶ月くらい経った時、体調が優れなくて、夜ご飯は適当に家にあったものを食べて、寝たんですね。そしたら、吐き気がしてきて、「おっとー?なんでだー?」と思って、まあ寝てたんですけど、吐き気が収まらないどころか強まってきて、もう大変ですよ(汚い話ごめんなさい)。
それが深夜2時。まだ意識ははっきりしてたんでTwitterとかで「吐き気やばい」とか言ってて、友達が「吐いた方が楽になる」とか「このツボは吐き気にいいらしい」とか色々教えてくれたんですけど、だんだん意識も朦朧としてくるしお腹も痛くなるしで「わたし、死ぬんじゃ?」と思いましたね。
で、病院もどこにあるかわからないし、吐き気止まらないしで「ああ、これは救急車を呼ぼう」となりまして。救急車で運ばれました。深夜3時。
真っ暗の病院の中を運ばれて、お医者さんに「これは入院した方がいいねえ」って言われたのは覚えてます。急性胃腸炎でした。
母親が来てくれることになって、入院中は困ることもなく過ごせました。1週間くらい入院しました。人生初入院。
一人暮らし2ヶ月にして初入院。迷惑かけました、ごめん母……。

それから食生活にもそれなりに気をつけるようになって、元気にやってます。

新生活に心踊らせてるみんな、食生活はきちんとするんだぞ!

#私の一人暮らし

はてなブログでCHINTAI特別お題キャンペーン「私の一人暮らし」
Sponsored by CHINTAI

表彰

今週のお題「表彰状」

だそうです
初めて便乗してみます
表彰された経験ありますか?という質問、答えは
あります!!!!(大声)(文字大きくしたいくらい)

中学生までは特技も趣味もなく秀でた才能もなく平凡だったんですが
高校の時に放送部に入って、引退した今でも名前が出るくらいには表彰されまくりました。まくりました。
人生で唯一できる自慢です。自慢出来るものがあるだけ恵まれてるなあと思います。

なんか内容が薄いですね。
放送部は、実は大会があります。しかも年に2回。
色々部門があって、いわゆる個人部門、団体部門みたいに分かれてもいます。結構奥が深いです放送!

生きてるだけで5000兆円ほしい!

元気ですか?記事書きませんか?ってメールが来ました。

お久しぶりです。
最近は、バイトに明け暮れてます(明け暮れるほど入ってないけど)。
わたし的には頑張ってるんです!誰も褒めてくれないなら自分のこと自分で褒めます、そういうスタンスです。

友達がこっちに来てくれて一緒に遊んだり、東京に遊びに行ったりするので楽しみです。この間は中学の友達が来てくれました。地元でないところで会って遊ぶのは新鮮だったし不思議だったけど、違和感はないしやっぱり楽しかったなあ、またはやく会いたいな。

はてさてバイトの話ですが、シフトはほぼ自分が書いたところに入れてくれるので、シフトの多さとか連勤とか、そういうところで文句言ってる人は「なら書くなよ!」と思います。お金が無くてももうちょっとやりくりできるでしょ、ほしいもの我慢したりできるでしょ、みたいなね。戯れ言です!家賃だって生活費だって全部自分で賄わなきゃいけないんだよ私だって! という気持ちになります。僻むのは良くないね。
明日はヘルプで働きます、忙しそうで嫌です。体を壊さない程度に働きまーす!がんばれわたし!これを超えれば楽しいよ、多分。

ワンダフル

戌年だからワンダフル、って言いがちですよね。年が明けて5回くらい聞きました。
あけましたおめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。誤字とかじゃないです。

今年は学年がひとつ上がって出来ることが増えるので、去年よりたくさん動く一年にしたいです。あまり動けなかったし積極性の欠片もなかったので。

年が明けてすぐ髪を染めました。ローズティブラウンとかそんな色で、母が染めてくれました。ほぼ黒なのであまり人には気づかれませんが気に入ってます。顔が地味なので明るい茶色は多分似合わない。

大人の階段を上らざるを得ない2018年。身内に感謝していきたいです。

全部から逃げ出す

逃げ出すくせがあります。嫌になったら「あーもう辞めよ!」ってなります。中高は結構厳しかったので辞める辞める詐欺をして結局辞めてなかったんですが、大学は激ゆるなので辞めます、というか休部します。
今思い出したけど仕事1個やりたいって言ってたやん。あら。でもまだ詳細きてないからいいか。ごめんなさい先輩。
もう嫌なんだよなぁ、あの空間にいるのがしんどい。
とか言ってても締切は来るので私は逃げます、ほんとは参加したかったけど休部するって言った手前逃げられません。ばいばい!がんばれ!

大きなリュックが欲しい

表題のとおりです。
アルバイトに行く時に使っているカバンのチャックの引っ張る部分(伝われ)だけよく取れます。行くところによっては宿泊する場合もあるので、お泊まりセットが入っても少し余裕ができるくらい大きなリュックが欲しいです。女子高生が持ってる黒いやつ。

最近晴れていたのに、急に雲行きが怪しくなって悲しいです。洗濯物干してたんですけど、雨が降ってる気がして窓を開けたら案の定降ってたので泣く泣く取り込みました。部屋干しは嫌いです。厚手のパーカ干してる時だけ雨降るの何故。

今日は朝からアルバイトです。何故か一睡もできなかったのでクソ眠いです。高校生の活力を感じてきます。

自尊心

出席番号は特別な数字だ、と思う。
だって世界で私だけに充てられた番号だ。そのときの、その場所の、わたしだけの数字。
帰属する場所はあるのに、なんでこうも居場所を求めてしまうのか。
褒められたり認められたりしたい。あなたがいちばんに思い出す人になりたい。
願わくば、わたしが好きな人が、私を一番に思い出してほしい。

授業を聞きながら、これって誰が聞いてるんだろうと思った。みんなが媚びを売る人、みんなの憧れの人。みんなそう言って真面目に受けているそぶりを見せて、みんな違うことを考えているんでしょう。
先生のひとり語りになっているのかも、と少し切なくなって、でも自分は真面目に聞かないんだから人のこと言えないじゃないかと自分で自分に指摘した。